光地域英語教育研究発表大会

11月8日(水)は光地域英語教育研究発表大会が開催され、中学校会場である本校には40名を超える参加者の皆様が研修に来られました。
講師に直山木綿子教科調査官をお迎えし、1年生・3年生の授業公開および研究協議を行いました。
本校に到着された先生方を3年生の生徒が英語で体育館まで誘導。
体育館では1年生が英語でお飲み物を提供。
公開授業が始まるまでは、1・2年生による英語のミュージカルの披露など、最初から最後まで英語づくしの1日でした。
午後からは会場を光市民ホールに移し、3年間の取組の発表や小学6年生の公開授業を行い、その後、直山調査官による指導講話をいただきました。
来たる学習指導要領改訂に伴う英語教育改革に向けて、多くのことを学ぶことができた実り多い1日となりました。


















英語教育に関することだけでなく、「子どもたちが礼儀正しく、とても素直」「下足箱の靴が綺麗に揃っている」「正門での挨拶が素晴らしい」など、直山調査官を始め、多くの参加者の皆様が室積中学校の生徒たちの素晴らしさを褒めてくださいました。日頃から当たり前に取り組んでいることをこれからも継続し、さらに磨きをかけていけるといいですね。